2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次回作の進捗状況は? - 2010.05.03 Mon

どうもはじめまして、鳴砂です。
ゴールデンウィーク真っ最中ですね。みなさんはいかがおすごしでしょうか。遠出して温泉に入るのもいいでしょうし、まったりとくつろいで日ごろの疲れを癒すのもいいですね。

ちなみに私ですが、毎年、ゴールデンウィークは実家に帰っていたわけですけど、今年は両親に用事があるので部屋でくつろいでいます。両親、どうやらレコーディングしてサックスアンサンブルのCD作るとか言っていました。
両親に負けないように次回作の想像をふくらませています。(半分は友達と遊んだり、ゲームしたりですが……)

まぁ、連休のおかげで次回作のあらすじをそれなりに煮詰めることができました。まだ、どうしようかなと思っている個所もいくつかございますが、そろそろ本編を書き始めてみて、問題にぶち当たったら解決方法を考えます。

僕の創作スタイルは上記のようにあらすじを煮詰めて、本編を書くタイプです。
みなさんの創作スタイルはいかがでしょうか?

それでは、また会いましょう。by鳴砂

● COMMENT ●

 私の場合は、大まかな流れを決めた後、とりあえず思いついた場面をどんどん書いていきながら話を練っていきます。
 なので、本文を書き始める時点でプロット(というか下書き?)がとても長くなっています。

 今回は流れをかなり細かく書いたせいでしょうか。現在、完成している部分が6枚なのに、全体がすでに40枚に達しているという状況。
 進行具合が自分自身でもよくわからないのが難点です。

こんばんは。
すでに40枚ですか。かなりすごいですね。
僕はプロットだけで何枚だろうかと計算してみたら、7~8枚ぐらいでした。意外に50枚って少ないんだなと、早くもあせりましたよ。

すいさん、50枚は収まりそうですか?

 今のところは収まりそうな雰囲気です。
 あくまでも「今のところは」ですが。

 あらすじが5枚だったので、本編はその10倍の長さ。
 なので、あらすじのシーンごとに行数を数えて計算し、「ここからここまでを何枚で書けば、50枚に収まるはず」と配分を決めて書いています(一太郎で20字20行で設定しているので、こういうことは楽です)。
 実は、プロローグは配分を5枚と決めていたのに6枚書いてしまったので、登場人物の動き等を変えて5枚と1行に納めました。

 こうやって調整していけば50枚に収まるはずですが、たいてい終盤で書きたいことが増えたりするので、確実に収まるとはまだ言い切れないですね。

 わたしはラストをどうするか決めた後、だいたいのあらすじを決め、途中未定の部分があっても出だしが決まっていたら書き始めます。プロットは書かないことの方が多いですね。思いついた場面があればそれを書き留めますが、本編を書き進めるのと同時進行ということもよくあります。
 見切り発車で進めることがほとんどなので、場面の配分に気を遣うのはなかなか難しいですね……。

すいさんへ
一太郎、使いやすいみたいですね。
ワードは自由度がなくて歯がゆい思いをしたこともけっこうあります。
原稿用紙の字数に合わせていたら枚数もわかりやすいですね。

永坂さんへ
見切り発車、してしまいますよね。書きたくてうずうずして。
それにしてもプロットを書かないこともあるというのはすごいですね。
僕の場合、プロットがなければ話が見えてきません。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://paperballoonstudio.blog3.fc2.com/tb.php/7-69c09402
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

締め切りまで、あと2ヶ月半 «  | BLOG TOP |  » どうやって数えてる?

プロフィール

紙風船工房

Author:紙風船工房
創作小説サークル・紙風船工房の同人誌「紙ふうせん」の制作ブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
製作日誌 (27)
参加イベント (6)
新刊情報 (4)
紙ふうせん創刊号 (6)
紙ふうせん第二号 (6)
紙ふうせん第三号 (5)
藍川いさな (9)
永坂暖日 (2)
鳴砂謙 (1)
バ・カルディ (3)
三和すい (5)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。